未分類」カテゴリーアーカイブ

年末のご挨拶2021

早いもので2021年も終わりですね。
毎年言ってますが今年も一年が早かったです。

今年は去年に引き続き無敵恋愛S*girlで「0日婚でも恋したい」を描きつつ、本日より一部電子書店先行で配信開始されましたメルトの新作「屋上でキスして過ちに誘って」の準備を並行しておりました。
あとは公開はまだ先になりますが進行中のものもあったり、今年はTLで3冊、女性漫画で1冊、計4冊のコミックスを出していただいたのでそちらの作業も入ってしまいまして、例年以上に忙しくなってしまいましたがその分充実した一年だったかと思います。

いつもは1冊出るか出ないか多い時でもせいぜい2冊…という感じで一年で4冊のコミックス刊行というのはこれまで経験がなく、通常の作業をやりながらいつもの4倍のコミックス作業もありかなりバタバタしてしまいましたし、それに伴い今年は人生で一番カラーを描いた年でもありまして、かなり想定外な忙しさでした。
こんなにあれこれ一気に出していただくことはもう二度とないだろうと思いますし、なかなかない機会をいただいてありがたいことです。
2巻同時刊行された「0日婚~」は初の巻数表記がついたコミックスですし、あとの2冊「この初恋は不透明。~じれた獣に悪酔いした夜~」「彼が結婚しない理由」についてもどちらも初めて出していただくレーベルで、また描いた時点ではコミックスになるとは思っていなかったものなので、それぞれ感慨深いものがあります。
「彼が結婚しない理由」にいたってはもう完結して3年くらい経つので…コミックス化のお話をいただいた時には今さら需要があるのかしらと思いましたが、自分が思っていた以上にこの作品を好きだと言ってくださる方や単話配信を読んでくださった上でコミックスも買いますと言ってくださる方がいらして報われた気持ちです。

ちなみに「0日婚~」は現在も連載継続中で21話まで続いておりまして、私の作品では最長記録を更新中です。
このくらい長くなってくるとキャラがわりと勝手に動いてくれるというか、そのため最初に考えた流れとは違う方向に行ってしまうこともありますが描きやすいなと感じます。
このたび配信された新作の「屋上でキスして~」の方はここ何年かわりとアラサーの大人同士の話が続いた中でひさびさに若い二人のお話なので新鮮です。
あとは今年1月にアンソロ読み切りの配信もありましたね…原稿を描いたのは去年なのですがテーマが「悪い男」だったのでこれもまた普段描いてるものとは違う感じになったかなと思います。

ここ何年かはずっと一人で描いておりまして、年々体力が落ちて思うようにこなせなくなっている中でも依頼をいただけているうちは今の自分にできる最大限出し切って一作でも多く発信していきたいと思うと、結果的に漫画を描くだけでいっぱいいっぱいの生活になってしまい…。
そのためお手紙をいただいても返信がなかなかできないのですが、いつもありがたく読ませていただいておりますし励みにさせていただいています。
お忙しい中お手紙くださった皆様、本当にありがとうございます。
要領が悪くて現状はとにかく描くことでしかお返しできないのですが、こりずにお付き合いいただけましたら幸いです。

色々やりたいことや課題は山積みですが、ひとまず来年は引き続き「0日婚~」「屋上でキスして~」の続きを描きつつ新作についても少しずつ準備していきたいと思います。
それでは、2022年も引き続きよろしくお願いいたします。

コミックスのお知らせ

このところお仕事に関するお知らせはTwitterのみでこちらのブログは年末のご挨拶ばかりになっておりますが、今回コミックスが同じ月に3冊出まして情報量が少し多いのでのでブログでもまとめさせていただきます。

まずは7月26日発売でメルトから2019~2020年にかけて配信された「この初恋は不透明。~じれた獣に悪酔いした夜~」をコミックスにしていただきました。

描き下ろし漫画とあとがきの他、電子配信版には電子特典のおまけがついております。
紙コミックスでは一部の書店で特典ペーパーが付くところもあります。(なくなり次第終了)

そして7月29日発売で無敵恋愛S*girlにて現在連載中の「0日婚でも恋したい」を1~2巻同時にコミックスにしていただきました。

こちらも各巻に描き下ろし漫画とあとがきがついております。

普段はだいたい年に1冊かあっても別の時期に2冊出るかどうかというところで今年はまったく想定外の同月一気に3冊だったのでコミックス作業でスケジュールがばたばたしてしまいましたが、無事発行されて安心しております。
さらに今年はもう1冊秋に出る予定のものがあるので作業は現在も継続中なのですが…。

メルトでは初めてコミックス出していただいて、S*girl以外で出していただくのは10年ぶりなので新鮮でした。
連載も終わって少々時間が経ってますし正直コミックスになると思っていませんでしたが、こうして出していただけたのも読んでくださった皆様のおかげだと思います。
なかなか日々の仕事をこなすのにも精いっぱいで、お手紙いただいてもお返しできておらず心苦しいですが、すべて大切に読ませていただいております。
今後も楽しんでいただける作品作りを目指して精進したいと思いますので応援いただけましたら幸いです。

年末のご挨拶2020

2020年も早いもので残すところあとわずかということで…。
なんだか年をとるにつれ一年過ぎるのが早くてあっという間にまた恒例の年末のご挨拶の時期ですが…今年は特に一年が早かったような気がします。

今年は新年早々胃潰瘍にかかって通院治療しましたが、その後もちょこちょこした不調もあり体調を見ながらだったので、なかなか思うように仕事が捗らず反省の多い一年でした。
とはいえそのような中でも2018~2019年にかけて描かせていただいた「年の差なんか怖くない」と続編の結婚編を「12歳差の恋人は大胆不敵にキスをする」というタイトルでコミックスにしていただいて、昨年連載開始したメルトの「この初恋は不透明。~じれた獣に悪酔いした夜~」が無事完結しましたし、現在は昨年から引き続き無敵恋愛S*girlで「0日婚でも恋したい」を連載中ですが、昨年開始時の段階では12話程度で本年中に終わる予定だったのがもう少し描かせていただけることになりまして、あと発表はまだなのですが今年はひさびさに読み切りを描かせていただいたりもしたので、捗らなかったなりに充実した一年だったかなとも思います。

「0日婚~」は現在13話までですが来年も引き続き描かせていただくので今まで私が描いた漫画では最長になる見込みで、特にTLジャンルではずっと短編ばかりでここまでじっくり一つの作品に向き合うことがなかったのでどう続けたものかと思いつつも描いていてとても新鮮です。
来年は「0日婚~」を引き続き頑張るとともに今年あまり進められなかった分お待たせしてしまっている新作のお仕事などもありますので、体調管理をしっかりして頑張りたいと思います。

というわけで…今年も作品を読んでくださった皆様、ありがとうございました。
お手紙やTwitterのコメント等で応援や励ましのお言葉をくださった皆様もありがとうございます。
あいも変わらず日々原稿をこなすだけで精一杯でなんのお返しもできませんが、漫画でお返しできるよう精進してまいりますので2021年も引き続きお付き合いいただけましたら幸いです。

年末のご挨拶2019

早いもので2019年もあっという間に過ぎてあと何時間かで終わりますが…今年は商業誌デビュー20周年という節目の年でした。
折角なので日頃読んでくださってる方に何か楽しんでもらえるような企画でもできたら…と去年くらいまであれこれ考えていたのに結局仕事に追われて寝言で終わってしまったのが心残りですが、20周年ということでいつもお世話になっている雑誌の担当さんからお祝いしていただいたり読者様からもお祝いの言葉をかけていただいたりして、個人的にはとても充実した20周年イヤーでした。

20年を振り返ると本当に多くの出版社さんでお仕事させていただいて、力不足もあり残念ながらご縁が続かなかったところもありましたが「無敵恋愛S*girl」では15年もの間掲載していただいて現在もお世話になっていますし、長いお付き合いになりつつあるところもあって、こうしてまだ漫画のお仕事ができるのはありがたいことだなと思います。
ここ最近読者さんからもTwitterやお手紙などで反応をいただくことも増えて、仕事をこなすだけで精一杯でこれといって何もお返しできていなくて心苦しいのですが、とてもありがたく読ませていただいますし励みにさせていただいています。
いつも本当にありがとうございます。

今年はメルトでは新作「この初恋は不透明。~じれた獣に悪酔いした夜~」の準備をずっとしてきてなんとか年内の配信開始が間に合いまして、無敵恋愛S*girlでは去年からやっていた「年の差なんか怖くない」を終わらせて「0日婚でも恋したい」を開始しまして、また去年描かせていただいた「 わがままダーリンお世話します。」を「如月社長の甘いワガママ」というタイトルでコミックスにまとめていただきました。
ここ1~2年は6話構成が多くTL作品では単発が多かった私としては少し長めのお話を描かせていただいている感じですが「0日婚~」は6話以降ももう少しだけ続けさせてもらえそうですので2020年はまずは今の連載を完結まで頑張る予定です。
ここ数年体力的に限界を感じることも多くて予定通りに仕事が運ばなかったり、新規の依頼などせっかくいただいてもお受けできないことの方が多く申し訳ない気持ちですが、21年目以降も引き続き頑張っていきますのでよろしくお願いします。

年末のご挨拶2018

このあいだブログでご挨拶したと思ったのですがあっという間に一年経ってしまいました。
2018年もおかげさまでたくさんお仕事させていただき忙しいながらも充実した一年でした。

無敵恋愛S*girlでは今年も変わらずお世話になりまして、「恋する熱視線~美人画絵師と秘蜜のアトリエ~」「わがままダーリンお世話します。」「年の差なんか怖くない」の3作描かせていただきました。
「 恋する熱視線~美人画絵師と秘蜜のアトリエ~」は3月に出していただいたコミックス「服を脱ぐのも仕事のうちです。」の表題作として収録されています。
最近は3話構成の短期連載でやらせていただいてますが「 わがままダーリンお世話します。」は少し長めで6話構成で描かせていただいていつもよりじっくり描けたかなと思います。

あとは電子連載を2本同時進行になってしまってバタバタしてしまいましたが…。
一つはmotto!いけない愛恋の「彼が結婚しない理由」ですが、こちらは一応女性漫画というくくりになっている都合で少しラブシーンをまろやかに?しておりますが、ただ元々TLでも描写が濃い方ではないですし編集さん側からの要求度については差はなかったのでわりと通常運転で描いた感じのお話です。

もう一本はメルトの「結論=俺に抱かれろ。~開運えっちは甘く激しく~」ですが、ちょっと今まであまり自分が描いてこなかったファンタジー要素のあるTLを描かせていただきました。
あまり自分の引き出しにない方向のものだったので終わってみると反省点は多々ありますが、楽しく描かせていただきましたし勉強になることも多かった連載だったなと思います。

私事ですが来年2019年は商業誌デビュー20周年の節目を迎えます。
1999年にデビューさせていただき20年、振り返ると意外とあっという間でしたが、地味で吹けば飛ぶような作家がこれだけ長い間描かせていただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
仕事の状況によりますので今のところはただの寝言のような希望ですが、節目なので個人で何か記念的なことでもできたらなと思ったりはしています。
…とはいってもふと15周年の記事を見返したらやっぱりその時も何かしたいと言いつつ何もできてなかったようなので寝言のまま終わるかもしれませんが…。
せめてこの放置気味のサイトももう少し情報ページとして機能するように見やすくできたらと思うのですが…というか本当は今年中にやりたかったことなのですが案の定仕事に追われていたので年が明けてからぼちぼち手をつけていきたいです。
そしてお仕事については 今年に引き続き無敵恋愛S*girlとメルトで描かせていただく方向で、ちょっと別のお仕事もあるかもです。

慢性的に仕事が遅れ気味で多方面でお待たせしている生活なので、それ以外のことまでなかなか手が回らず、応援くださる読者様にお返しできていないのが現状で大変申し訳なく思います。
少しずつでもお返しできるよう精進しますので、2019年も引き続きよろしくお願いします。

年末のご挨拶2017

もはや一年に一度のブログ更新になってしまっておりますが…早いもので2017年もあと数時間で終わりですね。
読んでくださった皆様、仕事で関わった皆様、今年も多くの方に助けていただきました。
ありがとうございました。

今年は何年かぶりに新しい出版社さんとお仕事をさせていただいたり7月に出していただいたコミックスでは初めて購入特典がついてボイスドラマで自分の作品をプロの声優さんに演じていただけたり、今までになかった経験をさせていただき充実した一年でした。
表に出た仕事としてはいつも通りS*girlで描かせていただいた以外では春ごろの読み切り2本という感じでちょっと少なめだったのですが、電子連載2作品を準備していたので水面下では結構ばたばたしておりましたし、これは読んでくださっている皆様にはどうでもいいお話になりますが、漫画を描くソフトを変えたりだとか液晶タブレットになったりだとか作業環境も変わりまして、自分の中で地味にですが新しい試みに挑戦したりもしています。
そんな感じで仕事は充実した一方で加齢による体力の低下など体力面の限界を痛感した一年でもありましたが…こちらはひとまず来年の課題としたいと思います。

来年配信予定の新作詳細についてはまだお知らせできる段階ではないのですが、公表されている範囲ですと来年小学館のTLレーベル「メルト」で描かせていただく予定です。
また来年も引き続きぶんか社のTL雑誌「無敵恋愛S*girl」でお世話になります。
今年色々準備してきたものがありますので来年は春くらいまではいくつかお知らせできることがあるかと思います。
リアルタイムなお仕事の状況はtwitterにて随時お知らせしておりますのでチェックしていただけたら嬉しいです。

そんなわけで…来年も頑張っていきますので引き続きよろしくお願いします。

年末のご挨拶

早いもので2016年もあと数時間で終わりということで…この間年末のご挨拶させていただいたと思ったのですが、年のせいなんでしょうか最近一年早いです。
今年も私の漫画を読んでくださった皆様、応援くださった皆様、ありがとうございました。

今年のお仕事は去年に引き続き電子書籍のレーベルで少女漫画を描かせていただき、連載を一つやらせていただきました。
今回は力及ばず連載期間延長で続きを描かせていただくまでに至らなかったため、ああいう形で終わってしまい、えっこれで終わり?となった方もいらっしゃるかもしれませんが…。
自分なりに与えられた範囲でとにかく描き切りましたが、その先を楽しみにしてくださった方いらしたら申し訳ありません。
描きたいものはありますが残念ながら次回作…という話にははならなかったため、少女漫画に関しては当面描かせていただく予定はありません。

少女漫画のお仕事については原作つきのお仕事を含めますとなんだかんだで3年にわたって関わらせていただきました。
商業デビューは一応少女漫画ですし私の場合TLとの違いはH描写の有無くらいですので描き方には大差がないのですが、ずっと短編ばかりを描いてきて長編を描くのはTL漫画を含めても殆ど経験がありませんでしたし、また売れ行きによって長さが変わるお仕事というのもこれまでなかったことなので、気付くと自分のキャパを超えた仕事量になってしまって〆切の度にばたばたして担当さんをやきもきさせてしまいました。
ここ数年自分の力不足に悩むことや大変だったことも多くありましたが、終わってみるとここまで本当にあっという間だったなと思いますし、漫画を描く上でとてもありがたい経験をさせていただいたなと思います。

TL漫画のお仕事の方はS*girlの方で本数は少ないですがいつもより少しページ数を長めに描かせていただけてコミックスも2冊出していただきました。
S*girlで出していただいたコミックスは絶版になったもの含めると気付けば15冊になりました。
この仕事は描きたいという作家の意思や思いだけで続けられるものではないですし、コミックスにいたっては買ってくださる方がいなければ出せませんので、これはひとえにずっと読んでくださってる方がいてこそだと思います。
来年の予定についてはふんわりとしか決まっていませんが、S*girlの方では引き続き、そして今年よりは少し多めに載せていただけるかと思いますので、2017年もよろしくお願いします。

というわけで…至らないところたくさんあり今年も反省しきりの2016年でしたが、来年も精進していきたいと思いますので読んでいただければ幸いです。
リアルタイムなお仕事の状況はtwitterにて随時お知らせしておりますので、そちらを見てやってください。
またS*girlのお仕事については公式ツイッターもありますのでそちらの情報を見ていただければ確実かと思います。

年末のご挨拶

こちらはごぶさたです。
気付いたら1年放置で申し訳ありません。
作品リストなど近いうちに更新する予定ですが仕事関係の最新情報はツイッターで随時お知らせしていますのでそちらをご覧いただければと思います。

https://twitter.com/berry_precious

今年のお仕事は昨年12月から配信が始まりました「ベッドの上ではキスよりもっと」で終始した感じです。
配信の状況を見て連載が延びるか終わらせるかが決まる感じなので連載開始当初はもっと短い回数の予定で始まったのですが、おかげさまで延長させていただけてこの年末まで続けることができました。
お付き合いくださった皆様に心よりお礼申し上げます。

基本ずっと短編ばかり描いてきた作家でここまでの長編を描いたことがなかったので色々手さぐり状態で試行錯誤しながらやってきた感じですし振り返ると課題も多いのですが、どうにか完結まで描きあげられてよかったです。
さらに今年はエクボストアのWEB雑誌「月刊Hanabi」の表紙も2回ほど描かせていただけて、ここ何年かは漫画の扉やコミックス以外のイラストのお仕事をさせていただく機会がなかったので楽しく描かせていただきました。
これも「ベッドの上では~」を描いていたからこそできたお仕事なので本当にありがたいことだなと思います。

おかげさまでまた次回も少女漫画で新しい連載をやらせていただけるとのことなので年明けから新作の準備に入る予定です。
少し描きためてからの配信になるので皆様のお目にかけるのは春以降になってしまうかと思いますが、次回作も応援していただけましたら幸いです。

また「無敵恋愛S*girl」でのTLのお仕事の方も今年は編集さんに相談して前後編という形式にしていただいて後半は少しだけ長めなお話を描かせていただきました。
読み切り作品だと描き切れないところを掘り下げたり描けることも広がるのでできればこちらでも長いお話が描けるといいのですが、なかなか現状では難しいのかなと思います。
ただ来年も前後編を描かせていただけそうなので、それを生かして今までとちょっと違ったものにも挑戦していけたらいいなと思っています。
S*girlのお仕事も早いもので12年目ですが一つの雑誌でこれだけ長く描かせていただけてありがたいことです。
逆にいつまで描かせてもらえるかなというのは毎年思っていることですが…ひとまず来年もお世話になりますので読んでいただけたら嬉しいです。

というわけで…。
今年も一年ありがとうございます。
来年も精進していきたいと思いますので引き続きよろしくお願いします。

お知らせ色々

[amazonjs asin=”482117541X” locale=”JP” title=”快感リストランテ辛口シェフの甘いお仕置き (ぶんか社コミックス S*girl Selection)”]

色々お知らせすることがあったのですが2月3月ばたばたしていてついついしそびれてしまいました。
まずは3月29日にコミックス「快感リストランテ 辛口シェフの甘いお仕置き」発売されました。
また同日発売の無敵恋愛S*girlもトビラカラーで掲載されております。

あとはめちゃコミックの方で連載中の「金曜、四限目、渡り廊下。」ですが、現在5話目まで更新されてます。
残りはあと2回です。
早いもので残すところわずかになりましたが、ラストに向けて頑張りますので読んでいただけたら嬉しいです。

一年ありがとうございました。

早いもので2013年も終わりですね。
今年も一年応援くださった皆様、どうもありがとうございます。

2013年は春以降体調を崩しがちだったのもあって予定通り仕事ができず、関係各所に多大なご迷惑おかけしてしまって、描いたページ数はここ何年かで見ると一番少なかったのですが、携帯描き下ろしで初の連載形式で少し長めのお話描かせていただいたり、書店さんのサイン本フェアに出させていただいたり、書店さんに飾っていただく色紙描かせていただいたり、数年ぶりに巻頭カラーも描かせていただいたり、ありがたいお仕事が多かったように思います。
こういうときに体が思うように動かないというのは歯がゆいのですが、各社担当さんにもお力添えいただいて、少しずつペースを戻しているところです。
今年後半はあまり仕事ができなかった上表に出たものが少なく、殆どお知らせできることがなかったのですが、来年はもう少しお知らせできることがあるのではないかなと思います。

そして私事ですが、来年2014年は商業誌デビュー15周年になります。
またTLで描くようになってから数えると10年です。
個人的にはそういう節目の年でもあるので、体調を戻して仕事を頑張りたいと思います。

これまでを振り返ると多くの出版社さんとお仕事させていただき思い出もたくさんありますが、特に一番多くお仕事させていただいて現在までお世話になっているぶんか社さんの無敵恋愛S*girlは、2004年のVol.2から描かせていただいてるので、特に思い出が多いです。
最近は少し掲載ペースを落としていますが、何年にもわたって毎月載せていただいて基本一話読み切り作品しか描いてこなかったので、たぶん描いた作品もあと何本か描かせていただけると100本に届くのではないかと思います。
毎月違う話を描かないといけないのでネタに詰まって担当さんを困らせることもありましたし、出来不出来にもムラはあって課題はあるものの、これだけの本数を描けたことは自分にとってはいい経験だったと思います。

またデビューさせていただいた冬水社さんも、話作りについてたくさん教えていただいたので思い出が多いです。
ジャンルは少女漫画的男女恋愛から大人向け男女恋愛に変わりましたが、話づくりの根本的な部分や話の運び方などはあの頃からあまり変わっていないように思います。

来年は仕事があるだろうかと毎年思いながら、幸い今日まで描き続けることができましたが、いまだこれという代表作もない地味作家なので、この先あと何年描き続けられるのかはわかりません。
デビューした雑誌でまったく結果を出せず、他業種に転職するために雑誌を離れた時に一度はやめたようなものでしたし、ここでも需要がなければ今度こそやめるのだろうなと思っています。
また15年経ったということは私自身デビュー時より15歳年とったということで、私は漫画家としてはやや遅いデビューでしたのでこの15年で昔はできた無理ができないなど体力の衰えもかなり感じてますし、現在慢性的な体の不具合もいくつか抱えていますので、体力的な意味でもいつまでやれるだろうか、という不安もあります。

と、ちょっと後ろ向きな書き方をしてしまいましたが…。
できるだけ長くこの仕事を続けていきたいという気持ちはまだありますので、応援くださる読者さんに喜んでいただけるものが描けるように、またこういう節目の年を迎えられることを願って、自分のペースで一年一年を大切に頑張っていこうと思います。
来年も精進していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。